読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2014年5月5日 CBCラジオ『モーニング娘。'14 道重さゆみの今夜もうさちゃんピース』

*・ 。.)429日に私の地元山口県でコンサートがありました!そこでMCで発表させていただいたんですけど、私、道重さゆみは、今年のモーニング娘。の秋ツアーの最終日をもって、モーニング娘。を卒業します!はい、まぁ…そうですね、突然発表したのでビックリさせてしまって…本当に申し訳ありませんでした。

でもまぁ、私の中では2年くらい前からなんとなく卒業ってことを意識しはじめて、リーダーになってから「モーニング娘。に恩返しがしたい」ってずっと言ってきて。それは、沢山お世話になったグループだし、リーダーになった今、私が恩返しをするタイミング、その使命があると思ってリーダーとして頑張ってきて、その恩返しとは何かっていったら「今のモーニング娘。、新生モーニング娘。を沢山の人に知ってもらう」っていうことが私の中でのモーニング娘。への恩返しだろうなっていうのをずっと思ってて。

ここ最近はシングルで5作連続1位を獲得させていただいたりとか、数年前までだったら誰かの卒業ライブでしか立てなかった日本武道館に普通のツアーで立つことができて、全然これはもちろん私だけの力ではないけど、少しずつ恩返しできてるのかなぁって思ったりとか。

後輩達も本当に頼もしくなって。れいなも卒業して古いメンバーがさゆみしかいなくなって、私からしたら同期もいない先輩もいないって不安のなか、周りからも「大丈夫?不安でしょ?」って言われるなか、普通に『大丈夫だな』って思えたのは、後輩達が育ってきてるからだなっていうのを凄い感じて、去年の秋ツアーの武道館の時にもそういう話をさせてもらって、その時に本当に『あ、なんかみんな大丈夫だな』っていうのがさゆみの正直な気持ち。で、そこからつんくさんとか会社の方達と相談させていただいて、今年の秋ツアーで卒業っていうことを決めさせていただきました。

でも、ステージ上とか色んな場所でも言ってるんですけど、まだ時間はあるので。秋ツアーってことは最終日だからいつもの感じでいくとあと半年くらい、11月とか12月とかくらいだと思うんですけど、時間があるので、後輩達とも沢山会話をして伝えていけることは伝えていきたいし、見せたいなぁと思うことも見せれたらいいなぁと思うし、そしてもちろん、ファンの皆さんと、この半年の間でモーニング娘。として沢山思い出を作っていきたいなぁって思います。

だからなんか、今までも凄いコンサートとかバスツアーとかハワイツアーとかもあって色々楽しかったし、これからはもっともっと…今までも大切にしてたけど、より大切に、深い思い出になっていけばいいなぁと思います。なので、今後ともよろしくお願いします。っていうか今後ともというか…今まで以上の応援を、皆さんよろしくお願いします!

 

*・ 。.)<ということで、今日は卒業発表後初めての収録なんですよ。まぁ、なんとなく、さゆみもちょっとドキドキソワソワな感じなんですけど、今日は今の気持ちをしっかりと、こんうさピーを聴いてくださってる皆さんにもお伝えしたいと思いますので、ぜひ30分最後まで聴いてください!ということで、まずは皆さんご一緒に、『今夜もうさちゃんピース!』

では、1曲目聴いてください。道重さゆみソロ曲です。『ラララのピピピ』。

 

*・ 。.)<はい、ということで、オープニングでもお話しましたけど、私、道重さゆみは今年の秋ツアーの最終日をもってモーニング娘。を卒業することになりました!先日の429日の山口公演後初のこんうさピーの収録ということで、今の気持ちをこんうさピーリスナーの皆さんにお伝えできたらなぁと思っています!

 

*・ 。.)<卒業発表のことは山口コンサートであったんですけど、まず、山口コンサート、私の地元のコンサートが約1年半ぶりだったんですよ。で、さゆみは本当にこの山口公演が決まった時からちょー楽しみで!やっぱ、この1年半、他の周りのメンバーが地元コンサートとかやっているのを見てて、『やっぱ凱旋コンサートはいいなぁ、あったかいなぁ、メンバー嬉しそうだなぁ』って思ってる白さゆもいれば()、『はぁ?なんでみんななんだよ』っていう黒さゆもいたから()、『さゆみだってやりたいし』みたいな感じで、なんか…あんまり性格良くないから、嫉妬?が凄くって、『なんでさゆみ無いんだろう、リーダーなのに!』みたいな感じで()、なんかさゆみ本当に…なんかまぁ色んな大人の事情があるにしろ、『地元コンサートやりたいなぁ』っていうのがさゆみの本音だったから、本当に幸せでした!

今聴いてもらった『ラララのピピピ』も今回のツア―では歌ってはないんですけど、最後に…前回のツアーでラララのピピピ歌ってて、それも地元でやりたかったっていう話をして、「じゃ、せっかくなのでアカペラで歌っていいですか?」って言って、最後に歌わせてもらって、まぁまぁ、だいぶ放送事故みたいな感じだったんですけど()、それでも、ファンの方が掛け声とかもすっごい大きい声で全力でしてくださって、ピンクのサイリウムとかも凄いキレイで、なんかもうホントに…幸せしかなかったです。「楽しかった」とか「幸せ」とかそういう一番普通の感想しかないんですよね。もっといい事言って『さゆみ、いいこと言うな』とか思われたい気もするんですけど、でもなんか本当に率直な感想は、「楽しくて幸せ」な429日でしたね。いやぁ…もう本当に思い出すだけで顔が…こうなんかニヤけてしまいそうな、山口コンサートができたっていうことに関してはそういう気持ちですね。

 

*・ 。.)<まぁでも卒業発表して、こう…今、何て言うんだろう。なんか気持ちが不思議な感じなんですよね。卒業発表するまでは、なんか『ちゃんと言わなくちゃ』とか『ちゃんと自分の気持ちを自分の口で伝えたい』って思ったし、『ちゃんとしっかり伝えれるように言わなくちゃ』とか、どっかでずっと緊張してたんですけど、なんか言ったら凄いホッとしたというか、『ちゃんと伝えれることができてよかったなぁ』って安心感もありつつの、あとなんか『ホントに言ったんだな』っていう『ホントにさゆみ秋で卒業するんだ…』っていう、ちょっとまだ実感がなくて、正直。なんか凄い今ちょっと不思議な感覚に陥ってるんですけど、まぁでもこう…何ていうんだろうな…さっきも言ったけど、秋まで時間があるので、自分の中でもモーニング娘。として過ごせるあと半年を大事にしたいし、モーニング娘。道重さゆみを応援してくださってる人にも沢山見てもらいたいなぁって思うので、よろしくお願いします!

 

*・ 。.)<それではこのへんでお便りにいきたいと思います!

さゆみんこんばんは!さゆみん、卒業するんですね。この日がいつか来るのはわかっていたはずなのに、そんな日は永遠に来ないような気もしていたので、不思議な気がします。発表したあとの今の心境はいかがですか?また、卒業を伝えた時メンバーはどう言っていましたか?よかったら聞かせてください!」

そうですね。今、卒業発表した時の気持ちは言ったんですけど、卒業発表を山口公演でする前日にメンバーには私の口から言ったんですよ。自分の口から言いたい、メンバーに言うっていうのも私の中での…なんかこだわりというか、そういうのがあって。今までだったらマネージャーさんとかから話があったりとかもしたんですけど、メンバーに。でもなんか…やっぱ大事なことは自分の口から伝えたいなぁと思ったので、メンバーにも自分で伝えたんですけど、まぁなんか、みんなやっぱ…もちろんなんですけど、いつかはくるだろうとは思ってたけど『まさか』と思ったみたいで、結構みんなドッキリと思ったみたいで『えっ…ドッキリ…?』みたいな感じの空気が一瞬流れたんですけど、でもまぁみんな結構…泣いてるメンバーとかも結構いて、『私の卒業で涙してくれるんだなぁ』って思うと嬉しかったりもしたけど、卒業は悲しいことではないので。逆に言えば、私が卒業することによって、また新たな新生モーニング娘。を作っていかなくちゃいけない、作っていかなくちゃ意味が無いと思うから、凄く前向きな私の卒業なので、グループにとっても。その話をしたらみんな『あっ…頑張ります』って感じで聞いてくれたんですけど。

卒業発表をして、私がその場所からいなくなって、そのあと佐藤とかが寄ってきて、その時も佐藤泣いてたんですけど、「まーちゃんもう…ビックリかと思いましたぁ!」って言ってて()。『いや、ドッキリでしょ!』と思ったんですけど、「あぁ間違った!えっと…ドッキリ?えぇっと…ビックリ?どっちでしたっけ?」みたいな感じで、なんかどこまでも佐藤だなぁと思って。そういう姿も可愛いなぁって思ったりとかもしたんですけど、まぁでも、もう別に普通ですね。卒業発表してから今、普通にメンバーとも一緒にお仕事してますけど、普通に楽しくしてるので。なんか普通だから、ホントにお互い。だからなんか、ホントにまたそこでも実感が…またちょっと…なんかずっと一緒に居れる気がしちゃって、不思議な感覚に陥った感じがしますね。

 

*・ 。.)<はい、じゃ続いていきます。

さゆみんこんばんは!山口県での凱旋コンサート、観に行きましたよ!卒業発表、正直、ものすごーく嫌です、寂しいです。お笑い好きのさゆみんだから、そのうち『うそぴょーん!』って言ってくれるんだろうなぁってちょっと期待してたりするし、多分その日まで期待してるだろうなぁなんて思っちゃってたりするけど。卒業って、いつもライブの初めのほうのMCですることが今までは多かったような気がします。でも、さゆみんは一番最後のMCの時でしたよね。きっと、さゆみんのことだから、楽しいライブをできるだけ最後まで純粋に楽しんでいられるように、そうしてくれたのかなって思いますよ。さゆみん、ありがとう。今の心境、秋までのこと、その後のこと、そしてこんうさピーのこれから、話せる範囲でいいので、いろいろ聞かせてください!」

そうですね、まぁ、あの、山口のコンサートで卒業発表をしたいっていうのも、私の地元へのこだわりがやっぱ凄い強くて。生まれて育った場所で大事な発表をしたいっていうことだったので、地元でしたいって話もしたし。まぁ、発表する場所は、スタッフさんとかは今まで普通の、先輩達が発表したのはやっぱ頭のMCMC1っていう場所で卒業発表することが多かったから、なんかそんな感じで話が進んでってたんですけど、自分の中でのイメージは、ラストのMCでしたいっていうのが…またさゆみの中で…もうこだわりが色々ありすぎちゃって()、こだわりがあって、でもそれはホントにお便りにあったように、初めで言うとひきずるじゃないですか。ひきずるっていうとアレだけど、『卒業するんだな』っていう空気のままコンサートするのが、さゆみはイヤだなって思ったんですよ。

なんか…なんて言うんだろうな、せっかくの地元コンサートだし、皆さんも凄い気合入れてきてくださるし、私もネットパトローラーなんで、みんなが「山口県楽しみ~」とか「ここでサプライズしようよ」みたいなのとか…サプライズに全然なってないんですけど、さゆみ見ちゃってるから()、でも、そういうのとかも全部見てたから、『あっ、みんなここでサプライズしてくれるんだな、ビックリしようかな?』とか『いや、でもちゃんと正直に言おう』とか、そういうことを考えたりとか、みんなの気合とか楽しみみたいなのとかもネットパトローラーなりに見てたんですよ。あと握手会とかでも言ってくださったりとか。やっぱ自分が『1年半ぶりで楽しみ!』って思ってるのと一緒で、ファンの皆さんも『1年半ぶりだ、気合入れていこう、楽しもう!』って思ってくださってるのを凄く知ってたから、頭で発表して、その楽しみにしてたライブがそっちに持っていかれるのが、さゆみはちょっとなんか…自分の中ではちょっと違うかなって。楽しんでから、ちゃんとお話ししたいなっていう気持ちがあったので、「最後のMCでさせてください」って話をして、まぁそういう感じになったんですけど。

 だからまぁなんか、不思議な感じですね。こうやってしゃべっててもなんか…なんかなんですよね。だから凄い言葉が難しいなって思います。本読まなきゃですね、全然言葉が出てこない()。なんかホントになんて言えばいいんだろうな、なんかこう…凄い不思議な感じ。でも凄い、こう…さゆみがこうやって今しゃべってることも、きっとリスナーさんが一生懸命聴いてくださってるんだろうなぁと思うと凄い嬉しいし、卒業のこと話してる時とか、卒業のことだけじゃなくても、普段さゆみがMCとかでしゃべる時とかも、凄い聴いてくれるんですよね、さゆみの話を一言一言。さゆみって言葉も間違えるし、話もまとまらない時もあるし、凄いへたくそなのに、そのへたくその一言一言をちゃんと聞き取ってくれる、私も伝えようとするけど、なんか、ちゃんと受取ろう、受け入れようってしてくれる皆さんを感じて、なんか改めてあの日すごいファンの皆さんの暖かさを感じることができました。

 

*・ 。.)はい、ということで、これからもあと半年あるので、こんうさピーも半年、まだね、続いていきますので、まだまだこれからも聴いてください。そして、お便りも送ってください、よろしくお願いします!

 

2014/5/6 10:50 ざっくり書き起こし。後で見直します。